原因不明の痛み・しびれ
(足・足の裏)でお悩みの方へ

原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)によくある症状

  • 腰痛に加え
    足がしびれる

  • デスクワーク
    をしていると
    足がしびれる

  • 階段の
    上り下りで
    足がしびれる

  • 原因不明の
    足のしびれに
    悩んでいる

原因不明の足のしびれに悩まされていませんか

正座をした後に足がしびれるような経験をされた、

という方は多いのではないでしょうか。

 

ですが、特に思い当たる節がない痛みやしびれは、

何が原因かわからず不安を持たれると思います。

 

なぜ痛みやしびれの症状が起こるのでしょうか。

 

こちらでは、足の痛みやしびれをもたらす原因について、

病気の可能性と併せてご紹介します。

原因不明の痛み・しびれ改善メニュー Recommend Menu

足の痛み・しびれが起こる原因や病気の可能性

足の痛みやしびれには血管性の場合と神経性の場合が考えられます。

神経性のしびれは知覚鈍麻や麻痺、運動機能の低下を伴うことが一般的なケースとして挙げられます。
そのため、原因の分からない足のしびれの多くは血管性のしびれと考えられます。

では、なぜ血管性のしびれが生じるのでしょうか。

 

【足の痛みやしびれの主な原因】

 

足のしびれが起こる原因としては、主に次のようなことが挙げられます。

●腰の筋緊張

腰の筋肉が硬くなることで血管が圧迫されると、下肢に送られる血液量が減少します。

その状態が続くと下肢の栄養状態が低下するため、脳から血液を送るように指令が出されます。
その際にしびれを生じることもあります。

正座をした後に足がしびれることも、急激に血液の流れが良くなるからと考えられています。

●骨盤のゆがみ

筋肉の緊張などによって骨盤が正常な位置からズレると、自律神経のバランスが乱れやすくなることがあります。
これは、骨盤の中央にある仙骨から、副交感神経が支配する神経が伸びているためと言われています。

副交感神経がうまく働かなくなると交感神経が優位になり、血管が収縮します。
交感神経優位の状態が続くことで心身が休まらず、脳から副交感神経を優位にするよう指令が出されます。

それによって血流量の増加が生じ、足のしびれが出ると考えられます。

●腰痛

腰痛に伴って、足のしびれや痛みに繋がることも少なくありません。
代表的な症例としては坐骨神経痛梨状筋症候群が挙げられます。

●内臓からくる可能性

心臓病肝機能障害腎機能障害の影響で下肢にむくみが出ると、しびれを併発するケースがあります。

 

【足のしびれをもたらす代表的な病気】

 

足のしびれをもたらす代表的な病気としては、次のようなことが挙げられます。

・腰椎椎間板ヘルニア
・エコノミークラス症候群
・足根管症候群
・腰椎椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症
・扁平足(へんぺいそく)
・外反母趾(がいはんぼし)
・変形性股関節症
・関節リウマチ

などが挙げられます。

足のしびれがある場合の対処法と予防法について

足のしびれの多くは普段の姿勢や身体の使い方、筋肉の緊張などが原因となって起こるため、日常の生活習慣を振り返って予防に努めることが重要です。

実際に足のしびれが出た場合の対処法と合わせてご紹介します。

 

【足のしびれの予防法について】

 

足のしびれが起こる原因はさまざまに考えられるため、自分に合った予防法を行うことが重要です。
主な足のしびれの予防法についてご紹介します。

●姿勢を改善

長時間に渡ってデスクワークをするなど、同じ姿勢を続けていると猫背などの姿勢不良を招くことも少なくありません。
猫背になると腰や骨盤周りの筋肉が緊張するため、足のしびれを生じるリスクが増します。
そのため足のしびれを予防するためには、姿勢不良を改善することが重要です。

正しい姿勢とは胸を張った姿勢のことではなく、上半身に無駄な力が入っていない姿勢のことを意味します。
デスクワークを行う際には頭に付いたひもを真上から持ち上げられているようなイメージで上半身の力を抜き、背筋を伸ばして座るように心がけましょう。

●ストレッチを行う

坐骨神経痛梨状筋症候群など筋肉の緊張によって足のしびれが生じている場合、ストレッチを行うことがおすすめです。
特に臀部(お尻)の筋肉が硬くなると、坐骨神経痛や梨状筋症候群のリスクが増してしまいます。
あおむけに寝て両手で膝を抱え、胸に引き付けるようにして臀部の筋肉を気持ちよくストレッチしましょう。

●腰痛を改善

腰痛にともなって足のしびれが出ているような場合は、腰痛の改善に取り組みましょう。
結果として足のしびれが改善することも少なくありません。

 

【足のしびれが起こった際の対処法】

 

足のしびれが出ている場合、次の対処がおすすめです。

●温める

お風呂に浸かるなどして身体を温めることで血流が促進され、しびれの解消に繋がることが期待できます。

●姿勢の改善

姿勢のゆがみや骨盤のゆがみといった、日ごろの姿勢不良によって足の痛みやしびれの症状が生じている場合があります。
そのため、普段の姿勢の見直しをしてみることも良いでしょう。
また、正しい姿勢を維持するための体幹トレーニングを取り入れることもおすすめです。

●ストレッチを行う

ストレッチを行うことでしびれが緩和するようであれば、ストレッチを行いましょう。
ですが、ストレッチによって症状が増悪するようであれば中止しましょう。

初富中央整骨院の【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)】アプローチ方法

足のしびれは内臓の病気によるものや血流によるものなどさまざまです。

当院では原因を探し、それぞれの原因に合ったハイボルト療法」超音波療法」などの施術を行います。

また、骨盤変位や腰椎変位によるものに対しては骨格矯正」をおすすめしています。

日常生活でのアドバイスもさせていただいていますので、お気軽にご相談ください。

 

【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の刺激を身体の深部に浸透させることで、疼痛の軽減や症状の改善を促します。
痛みの原因が分かることだけでなく、炎症や痛みの早期改善が期待できます。痛みの強い時期におすすめの施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

症状に応じてツボにアプローチを行う施術です。
パイオネックスゼロやSP磁気テープを使用することで患部を緩め、症状の緩和や、身体が正常な状態に戻るよう促します。

 

■テーピング

患部を固定することでケガや症状の再発防止、疼痛の軽減を目指します。
他にもリンパ液の流れの改善を促し、回復を早める効果が期待できます。

 

■骨格矯正

骨格のゆがみを整える矯正を行います。
また、不良姿勢に戻ってしまうことを防ぐため、日常生活での姿勢や歩き方のご提案をさせていただきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

組織にかかっている余計な圧力の軽減を目指し、全身の体液循環(血液、リンパ液、脳脊髄液)の改善を目指す施術です。

著者 Writer

著者画像
院長:髙橋卓也
青森出身

巻き爪の矯正を得意としています。

体感バランスが悪い方は、もしかすると足の爪に問題があるかもしれません。

一度ご相談ください。



 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:初富中央整骨院
住所〒273-0123 千葉県鎌ヶ谷市南初富6-1-7
最寄:新京成線 初富駅 徒歩2分
駐車場:2台あり
                                                                   
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜日です

【公式】初富中央整骨院 公式SNSアカウント 初富中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】初富中央整骨院 公式SNSアカウント 初富中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】初富中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中