膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 膝の痛みの
    せいで正座が
    できない

  • 椅子から
    立つ時に
    膝が痛む

  • 膝の痛みを
    気にせずに
    ランニング
    したい

  • バレーボール
    で膝を痛めた

膝の痛みの原因を知って改善に繋げましょう

膝の痛みはお年寄りだけでなく、若い方にも多くみられます。

 

膝の痛みがあると日常生活に支障を来すことはもちろんのこと、
部活やランニングといった運動を楽しむことも難しくなってしまうでしょう。

 

一口に膝の痛みといっても原因、症状はさまざまに考えられます。

 

そのため、自分の膝の痛みがなぜ起こっているのか、

原因を知った上で改善に繋げることが重要です。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

膝の痛みが起こる原因とケガの可能性

膝には曲げ伸ばしをすることで、地面からの衝撃を吸収する役割があります。

膝の痛みはお年寄りの方だけでなく、部活やスポーツを行う若い方にも多くみられる症状です。

なぜ膝の痛みが起こるのでしょうか。

こちらでは、膝の痛みが生じる主な原因についてご紹介しています。

 

【膝の痛みの主な原因】

 

膝の痛みが出る原因としては、次のようなことが挙げられます。

 

◆筋肉の過緊張

膝関節に付着している筋肉が過度に緊張すると、膝関節に対する牽引力が増し、膝の痛みに繋がることがあります。

●加齢

年齢とともに膝関節がすり減るなど、変形性膝関節症を発症することで膝の痛みを生じることがあります。

●体重増加

短期間の間に急激に体重が増えると、膝への負担を増し、膝の痛みに繋がることがあります。

●オーバーユース

バスケットボールやバレーボールなど跳躍を繰り返すスポーツをするなど、同じ場所にばかり負担がかかることで、痛みの症状に繋がることが考えられます。

 

【膝の痛みをもたらす病気】

 

次のような病気を発症することで、膝の痛みを引き起こすことがあります。

 

●変形性膝関節症

中高年以降の女性に多くみられる膝の病気です。
何らかの原因によって膝関節を構成する骨が変形し、膝の痛みが出ることや曲げ伸ばしが困難になることがあります。

●関節リウマチ

手の指のといった小さな関節から始まるとされる症状です。
進行すると足首や膝関節といった大きな関節にも症状が広がってくる場合があります。

●半月板損傷

スキーやサッカーなど膝に対してさまざまな角度から衝撃が加わるスポーツを行っていると、膝関節にとってクッション的な役割を果たしている半月板を損傷することがあります。

●膝関節靭帯損傷

膝関節には前十字靭帯後十字靭帯内側側副靭帯外側側副靭帯などといった靭帯がありますが、スポーツなどが原因となってそれらの靭帯を痛めることで、膝の痛みを生じることがあります。

膝の痛みを予防する方法と対処法

膝の痛みが出ると日常の動作に支障が出るほか、部活やスポーツを楽しむことができなくなってしまうことも考えられます。

そのため、まずは膝の痛みが出ないよう、予防に取り組むことが重要です。

それでも膝の痛みが出てしまった時には、正しく対処することで悪化の防止や早期改善に繋がります。

 

【膝の痛みの予防法】

 

膝の痛みを予防するためには、日ごとから次のようなことに取り組むことが重要です。

●膝まわりの筋肉の柔軟性を保つ

病院で検査をしても原因が分からないような膝の痛みは、膝関節に付着する筋肉の緊張によって生じていることが多くみられます。

例えばバスケットボールやバレーボールをする方に多くみられるジャンパー膝の場合、太ももの前側にある大腿四頭筋の筋肉が過度に緊張し、膝蓋骨を引っ張ることで痛みが生じると考えられています。

そのため普段からストレッチを行うなどして大腿四頭筋を緩めておき、膝の痛みのリスクを下げることが重要です。

●しっかりと休む

部活やスポーツをしていると、集中しすぎてしまい、適度な休憩を行えていないことも多いかと思います。
特に部活動を行っている児童や学生の場合、休むと試合に出られなくなるといった不安のため少々の痛みがあっても我慢する傾向もみられます。
指導者や親が「休むことも練習の内」とアドバイスをし、無理をさせないことも重要です。

●正しい走り方を身につける

ランニングフォームが誤っていた場合、膝の外側への負担が増しランナー膝を発症することがあります。
靴の底の減り方などをチェックし、正しいフォームで走れているかどうかを確認しましょう。

 

【膝の痛みがある場合の対処法】

 

膝の痛みがある場合、次のような対処がおすすめです。

●炎症期は冷やす

膝をケガした直後や運動後など、膝が熱を持っているときには一時的に冷やすとよいでしょう。

●サポーターやテーピングを利用する

運動前に膝関節に対してテーピングを施す、サポーターを巻くなど、運動時の膝への負担を軽減しましょう。

●運動後のストレッチと休息

運動を終えたらストレッチを行い、しっかりと休息をとるようにしましょう。

初富中央整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

膝の痛みは加齢やスポーツを行う方に多くみられます。

当院では可動痛や腫脹がある場合、テーピング包帯などの固定具や補助素材を使用し、患部の負担の軽減を目指し動かしやすくします。

場合によっては運動療法からもアプローチさせていただきます。

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の刺激を身体の深部に浸透させることで、疼痛の軽減や症状の改善を促します。
痛みの原因が分かることだけでなく、炎症や痛みの早期改善が期待できます。痛みの強い時期におすすめの施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

症状に応じてツボにアプローチを行う施術です。
パイオネックスゼロやSP磁気テープを使用することで患部を緩め、症状の緩和や、身体が正常な状態に戻るよう促します。

 

■テーピング

患部を固定することでケガや症状の再発防止、疼痛の軽減を目指します。
他にもリンパ液の流れの改善を促し、回復を早める効果が期待できます。

 

■骨格矯正

骨格のゆがみを整える矯正を行います。
また、不良姿勢に戻ってしまうことを防ぐため、日常生活での姿勢や歩き方のご提案をさせていただきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

組織にかかっている余計な圧力の軽減を目指し、全身の体液循環(血液、リンパ液、脳脊髄液)の改善を目指す施術です。

 

■ドレナージュ
【DPL】

足の血流やリンパの流れを改善に導くことで足の老廃物を流し、冷えやむくみの改善を目指します。

 

■カッピング

背部にカップを付けて血流の促進を目指すことで、背部の緊張を緩和する効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:髙橋卓也
青森出身

巻き爪の矯正を得意としています。

体感バランスが悪い方は、もしかすると足の爪に問題があるかもしれません。

一度ご相談ください。



 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:初富中央整骨院
住所〒273-0123 千葉県鎌ヶ谷市南初富6-1-7
最寄:新京成線 初富駅 徒歩2分
駐車場:2台あり
                                                                   
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】初富中央整骨院 公式SNSアカウント 初富中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】初富中央整骨院 公式SNSアカウント 初富中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】初富中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中