股関節痛でお悩みの方へ

股関節痛によくある症状

  • 歩くときに
    足の付け根
    が痛む

  • 椅子から
    立つ時に
    股関節が
    痛む

  • 走ると徐々に
    股関節が
    痛くなる

  • 安静時も
    痛みがある

股関節痛は筋緊張を緩めることで改善しましょう

股関節は人体の中で肩関節と並び、もっとも可動域が広い関節と言われています。

 

そのため、股関節に痛みが生じると運動をするときだけでなく

日常生活にも支障をきたしてしまうことが考えられます。

 

こちらでは、股関節痛について詳しくご紹介しています。

股関節痛改善メニュー Recommend Menu

股関節痛が起こる原因や変形性股関節症について

股関節は大腿骨(太ももの骨)と骨盤によって構成されています。

肩関節と同様に球関節であるため、可動域が大きいという特徴を持ちます。

めに、股関節の持つ役割についてみていきましょう。

 

【股関節の役割】

 

股関節には主に次のような役割があります。

●骨盤の安定

股関節は骨盤と繋がっており、骨盤の位置を安定させる役割を持っています。

●衝撃の吸収

ジャンプする際など、私たちは無意識に膝関節と股関節を曲げています。
これは、膝関節や股関節に地面からの衝撃を吸収する役割によって行われています。

 

【股関節痛の原因】

 

股関節痛が起こる原因としては、次のようなことが挙げられます。

●筋肉の緊張

股関節は肩関節と並び、人体においてもっとも可動域が大きな関節と言われています。
そのため、股関節にはさまざまな筋肉が付着しています。
それらの筋肉が緊張して硬くなることで股関節にゆがみが生じ、痛みの症状に繋がることが考えられます。

●婦人科系の病気

子宮内膜症や子宮筋腫など、婦人科系の病気にともなって股関節の痛みが出ることもあります。
若い女性にも股関節痛が多くみられる原因としても考えられます。

●オーバーユース

長距離を走ったり、跳躍を繰り返したりすることで筋線維が断裂し、股関節痛を発症する場合もあります。

 

【変形性股関節症について】

 

主に中高年以降の女性に多くみられる股関節の病気に、変形性股関節症があります。

●特徴

変形性股関節症の初期には自覚症状がみられませんが、進行するにつれて立ち上がる際の痛みや、歩くときの痛みがみられることがあります。

●原因

変形性股関節症の原因としては、次のようなことが挙げられます。

・臼蓋形成不全

股関節が骨盤と結合する部分を臼蓋と呼びますが、遺伝的に臼蓋の形成が不十分である場合、変形性股関節症を発症しやすいとされています。

・筋緊張

筋肉が必要以上に硬くなり、股関節に対して牽引力が働くことで、変形性股関節症に繋がることが考えられます。

股関節の痛みの予防法や変形性股関節症への対処法

股関節に痛みが出ることで、歩いたり立ち上がったりするときに痛みが生じ、日々の生活でつらい思いをすることが考えられます。
そのため、股関節の痛みが出ないよう、普段から予防することが重要です。

では、股関節痛はどのようにして対策すると良いのでしょうか。
変形性股関節症への対処法と合わせてご紹介します。

 

【股関節痛の予防法】

 

股関節痛を訴えられる方の多くに筋緊張や身体の硬さがみられます。
そのため、普段から次のようなことに取り組むよう意識しましょう。

●ストレッチ

股関節の可動域が減少してくると、股関節を痛めやすくなってしまうことが考えられます。
普段からストレッチを行い、股関節まわりを柔軟に保つことが重要です。
時にお尻には股関節とに付着している筋肉が多くあるため、お尻の筋肉をストレッチがおすすめです。

●適度に身体を動かす

人間の身体というものは、「使わないでいると使えなくなってくる」と言われています。
そのため、普段から適度に身体を動かし、股関節の可動域を確保しておくことが重要です。

●大股気味に歩く

股関節痛を予防するためには、大股気味に歩くこともおすすめです。
歩幅を少しだけ広げることで、股関節をしっかりと動かせるようになります。
また、大股気味に歩くことで、全身のバランスを安定させることにも繋がります。

 

【変形性股関節症への対処法】

 

変形性股関節症が進行してしまうと、最悪の場合、手術をしなければならなくなります。
そうならないためにも、普段から次のようなことに気を付けましょう。

●身体を冷やさない

股関節と繋がっているお尻は冷えやすい部位とされています。
お風呂でしっかりと温めるなどして冷やさないようにしましょう。

●太ももの外側を緩める

変形性股関節症を発症する方の多くに、太ももの外側の筋緊張がみられます。
グーの手で軽く圧迫し、筋緊張を緩和することがおすすめです。

●ストレッチやウォーキングを行う

変形性股関節症の進行を抑止するためには、無理のない範囲でストレッチやウォーキングを行うことも重要です。
ですが、痛みを誘発するような動作は避けましょう。

 

初富中央整骨院の【股関節痛】アプローチ方法

股関節は可動域が広く、人体でも重要な役割をしているので、痛むと日常生活に支障をきたすこともあります。
そのため、根本的な改善をおすすめいたします。

患者様の原因により施術は異なりますが、当院では生活様式において発生した場合や、筋力不足によるものであったり可動域制限が起きたりというものでは楽トレ(EMS)をご提案しております。

根本的な改善のためにも自宅で行える予防法、対処法をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

【股関節痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の刺激を身体の深部に浸透させることで、疼痛の軽減や症状の改善を促します。
痛みの原因が分かることだけでなく、炎症や痛みの早期改善が期待できます。痛みの強い時期におすすめの施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

症状に応じてツボにアプローチを行う施術です。
パイオネックスゼロやSP磁気テープを使用することで患部を緩め、症状の緩和や、身体が正常な状態に戻るよう促します。

 

■テーピング

患部を固定することでケガや症状の再発防止、疼痛の軽減を目指します。
他にもリンパ液の流れの改善を促し、回復を早める効果が期待できます。

 

■骨格矯正

骨格のゆがみを整える矯正を行います。
また、不良姿勢に戻ってしまうことを防ぐため、日常生活での姿勢や歩き方のご提案をさせていただきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

組織にかかっている余計な圧力の軽減を目指し、全身の体液循環(血液、リンパ液、脳脊髄液)の改善を目指す施術です。

 

■ドレナージュ
【DPL】

足の血流やリンパの流れを改善に導くことで足の老廃物を流し、冷えやむくみの改善を目指します。

 

■カッピング

背部にカップを付けて血流の促進を目指すことで、背部の緊張を緩和する効果が期待できます。

 

■楽トレ

特殊な周波数でインナーマッスルの活性化を促し、トレーニングしていきます。
姿勢の改善や疼痛の軽減の効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:髙橋卓也
青森出身

巻き爪の矯正を得意としています。

体感バランスが悪い方は、もしかすると足の爪に問題があるかもしれません。

一度ご相談ください。



 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:初富中央整骨院
住所〒273-0123 千葉県鎌ヶ谷市南初富6-1-7
最寄:新京成線 初富駅 徒歩2分
駐車場:2台あり
                                                                   
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜日です

【公式】初富中央整骨院 公式SNSアカウント 初富中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】初富中央整骨院 公式SNSアカウント 初富中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】初富中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中