骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • 自転車で転倒し
    骨折した

  • 段差につまずき
    骨折して
    しまった

  • スポーツを
    していて
    足を痛めた

  • 加齢により
    骨密度が低下し
    骨折した

骨折が疑われる場合には正しい対処が必要です

骨折はスポーツをしている方だけでなく、

肉体労働の方やお年寄りの方にもみられます。

 

特にお年寄りに多くみられる大腿骨頸部骨折は、

寝たきりに繋がる場合もあるため注意が必要です。

 

骨折は偶発的なケガではありますが、

原因を知ることで予防に繋げることも期待できます。

 

ここでは、骨折の種類や対処法について詳しくご紹介しています。

骨折早期回復メニュー Recommend Menu

骨折の種類やそれに伴う主な症状について

骨折というと、骨がポキッと折れるようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、完全に骨が折れる以外にも、さまざまなタイプの骨折があります。

初めに、骨折の主な種類と、症状についてご紹介します。

 

【骨折の種類】

 

骨折はその特徴によって、次のような種類に分けられます。

●完全骨折
●不完全骨折
(亀裂骨折、若木骨折、陥凹骨折、竹節状骨折、骨膜下骨折、骨挫傷など)
●外傷性骨折
●疲労骨折
●病的骨折

などが挙げられます。

 

【骨折に伴う症状】

 

骨折を起こした場合、どの骨折にも共通して固有症状がみられます。

また、局所に症状がみられたり、その他の損傷を併発するケースもあります。

●固有症状

骨折をした場合、次のような固有症状がみられます。

・異常可動性(異常運動)

不完全骨折を除き、骨折した場所は2つ以上の骨に分かれます。

・軋轢音

骨折部位が圧迫されたとき、ギシギシという圧轢音が起こります。
通常は耳で聞くというよりは、施術者が触わることによって感知すると言われています。

・転位と変性

骨折部位の転位は変性がみられます。
代表的な転位としては、一次転位二次転位側方転位屈曲転位捻転転位延長転位短縮転位回転転位などが挙げられます。

・ショック症状

骨折をしたときのショックによって体温が低下したり、意識が朦朧としたりすることがあります。

・発熱

骨折をしてから数時間後に発熱するケースもあります。

 

●骨折の局所症状

次のような症状がある場合、骨折が疑われることもあります。
※直骨折だと断定できるわけではありません

・自発痛
・直達性局所痛
・介達痛
・軸圧痛
・叩打痛
・圧迫痛
・牽引痛
・動揺痛
・腫脹
・機能障害

 

●併発性の症状

骨折に伴い、次のような症状を併発することがあります。

・関節損傷
・筋や腱など軟部組織の損傷
・血管損傷
・末梢神経損傷

などが挙げられます。

 

【骨折の経過】

 

骨折は炎症期仮骨形成期仮骨硬化期リモデリング(再造形)で改善を目指します。
どれくらいの期間で改善するかについては、骨折部位によって異なります。

骨折が疑われる場合の対処法や予防法

骨折は偶発的なケガではありますが、日常生活の改善で骨折のリスクを下げることは期待できます。

こちらでは、骨折をした場合の対処法と合わせてご紹介します。

 

【骨折をした場合の対処法】

 

捻挫や肉離れといったケガをした場合、応急処置としてRICE処置を行うことが一般的です。
RICE処置は、ケガ人を安静にさせアイシングを行い、患部を圧迫固定し心臓より高い位置に保定する処置法です。

このRICE処置の他に、骨折の場合は次の対処を行いましょう。

●出血の有無を確認

骨折が疑われる場合、まずは出血しているかどうかを確認することが重要です。
折れた骨が皮膚を突き破ることで大量に出血した場合、多臓器の機能障害を招く可能性があります。
そのような場合は止血を行い、救急車を手配するようにしましょう。

●副木に使えそうなものを用意

骨折した場合、患部を固定することが重要です。
段ボールや折り畳み傘、雑誌、定規などを用意しましょう。

●患部を固定

副木に使えるものを利用して、患部が動かないように固定しましょう。

●保温

骨折した方の顔が蒼白になっている場合、ショックによって体温が低下していると考えられます。
そのような場合、毛布上着を掛けて保温しましょう。

 

【日常生活で自分で行える対策方法】

 

骨折を完全に予防することは難しいですが、日常生活の改善によって骨折のリスクを下げることが期待できます。

●日常生活の中での改善点

家具のレイアウトを工夫することで、部屋の中で転倒したり、身体をぶつけたりすることを避け、骨折のリスクを下げることが期待できます。

●スポーツ時の改善点

正しいフォームを身につけたり、身体の柔軟性を高めたりすることで、骨折のリスクを下げることが期待できます。

初富中央整骨院の【骨折】アプローチ方法

当院では骨折に対し、次のアプローチを行い改善を目指します。

まず、エコー画像で患部の状況を判断し、整復の後に固定を行います。

その後、医療機関をご紹介いたします。

偶発的に起こる骨折ですが、発症のリスクを下げる予防法をご提案させていただきます。

 

【骨折に対する施術方法】

 

 

■保険施術

日常生活上での急性症状(捻挫・打撲・肉離れ・脱臼・骨折)に対して電気療法、冷却療法、温熱療法を行っています。

 

■特殊固定具

軟部組織や関節の損傷(ぎっくり腰や足首・手首の捻挫、肉離れなど)に対し特殊固定具を使用することで可動域を狭め、ケガをした部位の安定を図ります。
こうすることで早期回復が期待できます。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の刺激を身体の深部に浸透させることで、疼痛の軽減や症状の改善を促します。
痛みの原因が分かることだけでなく、炎症や痛みの早期改善が期待できます。痛みの強い時期におすすめの施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

組織にかかっている余計な圧力の軽減を目指し、全身の体液循環(血液、リンパ液、脳脊髄液)の改善を目指す施術です。

 

著者 Writer

著者画像
院長:髙橋卓也
青森出身

巻き爪の矯正を得意としています。

体感バランスが悪い方は、もしかすると足の爪に問題があるかもしれません。

一度ご相談ください。



 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:初富中央整骨院
住所〒273-0123 千葉県鎌ヶ谷市南初富6-1-7
最寄:新京成線 初富駅 徒歩2分
駐車場:2台あり
                                                                   
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜日です

【公式】初富中央整骨院 公式SNSアカウント 初富中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】初富中央整骨院 公式SNSアカウント 初富中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】初富中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中