肉離れでお悩みの方へ

肉離れによくある症状

  • 100m走で
    太ももの
    裏を痛めた

  • ジャンプしたら
    ふくらはぎを
    痛めた

  • 急に走ったら
    太ももを
    痛めた

  • 繰り返す
    肉離れに
    悩まされている

つらい肉離れは早期の対処で改善を目指しましょう

瞬間的に筋肉に対して負荷が掛かると、

ブチっというような音とともに肉離れを発症することがあります。

肉離れを起こすと激しい痛みに襲われ、歩くことも困難になると考えられます。

 

肉離れを起こした場合、どのような対処が適切なのでしょうか。

こちらでは、肉離れが起こる原因や対処法についてご紹介しています。

肉離れ早期回復メニュー Recommend Menu

肉離れを起こす主な原因と症状

スポーツをしていると肉離れを起こすことがあります。
肉離れを起こすと激しい痛みに襲われ、歩くことも困難になる場合があります。

そのため、肉離れを再発しないよう気を付けることが重要です。
肉離れを予防するためには、なぜ肉離れが起こるのか、その原因について知っておくことが重要です。

 

【肉離れについて】

 

肉離れを起こす原因について解説する前に、まずは肉離れがどのような症状なのかについて知っておきましょう。

●正式名称

肉離れという名称は俗称で、医学的には「筋挫傷」「筋断裂」「筋損傷」などと呼ばれています。

●好発部位

肉離れは主にハムストリングス(太ももの裏側にある大きな筋肉群)や大腿四頭筋(太ももの前側にある大きな筋肉群)、および腓腹筋(ふくらはぎの筋肉)に多くみられます。
いずれも筋肉の出力が大きいという特徴を持ちます。

●肉離れが起こりやすい場面

陸上のスプリント系の競技やサッカーなど、ダッシュを求められるスポーツに多くみられます。

 

【肉離れを起こす原因】

 

肉離れは主に次のような原因によって、発症することが考えられます。

●筋肉への過度の負担

筋肉は1つの塊ではなく、線維(筋線維)の束が集まって構成されています。
その筋肉に対して過度の負荷が掛かることで、筋線維が広範囲にわたって断裂することで肉離れが起こると言われています。

●ウォーミングアップ不足

身体がよく温まっていない状態で筋肉に過度の負担がかかると、筋断裂を起こしやすくなります。

●疲労の蓄積

疲労が抜けていない状態で筋肉に対して過度の負担がかかると、肉離れに繋がると考えられます。

 

【主な症状】

 

肉離れを起こした場合、主に次のような症状がみられます。

●自発痛

患部にズキズキとした痛みがみられます。

●圧痛

患部尾をした時に著明な痛みがみられます。

●皮下出血

患部に皮下出血を認めることがあります。

●陥凹

患部がボコッと凹むことがあります。
腓腹筋の肉離れの場合、アキレス腱断裂との鑑別が重要となります。

肉離れへの対処法と早期回復のために

肉離れを起こした場合、速やかに対処することが重要です。

あまりにもひどい状態(皮下出血が広範囲にわたっており、患部に陥凹が認められるような場合)だと、救急車を手配することも必要となります。

痛みがあるものの、そこまでひどくない場合は、RICE処置など応急処置を行うことが重要です。

 

【RICE処置】

 

RICE処置は応急処置の1つで、英語の「Rest」「Ice」「Compression」「Elevation」の頭文字からその名前が付けられています。

では、それぞれについて詳しくみていきましょう。

●Rest(安静)

肉離れを起こした場合、まずは安静にすることが重要です。
足をつったときに筋肉を伸ばすような動作をすることもありますが、不随意の筋収縮である足のつりとは異なり、肉離れの場合は筋繊維が断裂しています。

そのため、足がつったときのように筋肉を伸ばしてしまうと、かえって断裂が深刻になり、症状を悪化させてしまうことが考えられます。

●Ice(冷却)

肉離れをした方を安全な場所に移したら、患部をアイスパックなどで冷却します。
患部を冷やすことによって痛みを緩和させることが期待できます。
患部を10分から15分冷やすということを、1時間おきに繰り返しましょう。
※冷やしすぎには注意しましょう。

●Compression(圧迫)

弾性包帯などで患部を圧迫することで痛みを緩和し、安心感を与えることに繋がります。

●Elevation(挙上)

可能であれば患部を心臓よりも高くし、炎症の拡大を予防しましょう。

 

【肉離れの早期改善のために】

 

肉離れが改善するには、3週間から5週間が必要と言われています。

ですが、適切な施術を受けることによって、症状を早期に改善することが期待できます。
応急処置を行った後は、速やかに医療機関や整骨院・接骨院の専門家にみてもらい、できるだけ早めに施術を受けることが重要です。

初富中央整骨院の【肉離れ】アプローチ方法

当院では、急性期と回復期それぞれに合った施術を行い、改善を目指します。

急性期の場合、捻挫などと同じようにアイシングテーピングの処置になります。
回復期には筋肉の柔軟性をとり戻すために、ストレッチ可動域回復訓練を加え、超音波療法ハイボルト療法も加え施術していきます。

 

【肉離れに対する施術方法】

 

■保険施術

日常生活上での急性症状(捻挫・打撲・肉離れ・脱臼・骨折)に対して電気療法、冷却療法、温熱療法を行っています。

 

■特殊固定具

軟部組織や関節の損傷(ぎっくり腰や足首・手首の捻挫、肉離れなど)に対し特殊固定具を使用することで可動域を狭め、ケガをした部位の安定を図ります。
こうすることで早期回復が期待できます。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の刺激を身体の深部に浸透させることで、疼痛の軽減や症状の改善を促します。
痛みの原因が分かることだけでなく、炎症や痛みの早期改善が期待できます。痛みの強い時期におすすめの施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

症状に応じてツボにアプローチを行う施術です。
パイオネックスゼロやSP磁気テープを使用することで患部を緩め、症状の緩和や、身体が正常な状態に戻るよう促します。

 

■テーピング

患部を固定することでケガや症状の再発防止、疼痛の軽減を目指します。
他にもリンパ液の流れの改善を促し、回復を早める効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

組織にかかっている余計な圧力の軽減を目指し、全身の体液循環(血液、リンパ液、脳脊髄液)の改善を目指す施術です。

著者 Writer

著者画像
院長:髙橋卓也
青森出身

巻き爪の矯正を得意としています。

体感バランスが悪い方は、もしかすると足の爪に問題があるかもしれません。

一度ご相談ください。



 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:初富中央整骨院
住所〒273-0123 千葉県鎌ヶ谷市南初富6-1-7
最寄:新京成線 初富駅 徒歩2分
駐車場:2台あり
                                                                   
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜日です

【公式】初富中央整骨院 公式SNSアカウント 初富中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】初富中央整骨院 公式SNSアカウント 初富中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】初富中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中